ギイタクよ、永遠なれ‐「別冊」

当ブログは、本家ブログ「ギイタクよ、永遠なれ」の管理人mikeの徒然事を書いたりするところです。
本家にはギイタクのstation後の二次創作小説置いてますので、よろしければお訪ねくださいませ。
本家のギイタク二次創作小説ブログ「ギイタクよ、永遠なれ」はこちら → http://forestandtale.blog.jp/

2014/10

託生の小さな口から「ギイ」という響きが聞こえた途端、半ば強引にその薄いTシャツをまくり上げ、愛撫を施しながら叫んだ。「もう、あいつを思い出すな、あいつの名を呼ぶな、僕の前であいつを想って泣くな!」「で、も・・・こんな・・・」半裸にされ、快楽に溶かされて肌 ...

こんばんは。まずは御礼です。BGM 4.につきまして、拍手ありがとうございました。しのさま、コメントありがとうございました。Michaelかっこいいですよね♪ 非公開メッセージもありがとうございます。(10/27 21:54 イニシャル"K"の方)通しで読んでくださって、ありがとう ...

こんばんは、まず御礼です!Violin Lesson 13.への拍手ありがとうございました。しのさま、nekorinさま、ちーさま、コメントありがとうございました。このお話に関しては、ギイファンの方々には辛い想いをさせてしまったかもしれませんが、stationのモヤモヤの解釈と解消につ ...

さて・・・いったいどうすれば託生を取り戻せるだろう。ビンデバルトはあらゆる意味で面倒な相手だ。だが財力で、どうこうしてもきっと託生は喜ばないだろうし、崎家とビンデバルト家の財力は拮抗しすぎていて危険だ。しかも万が一ばれてしまったときに、卑怯なやり方を嫌う ...

こんばんは。10/13の記事に関連して書かせていただいております。まずは、是非とも御礼を!いつも、こんな片隅の日記に目を通してくださってありがとうございます。そして、注意書きたっぷりだった、10/13の記事。お読みになってくださった方々、ありがとうございます。しか ...

下にとんでもない記事書いてるのでスルーされる方もいらっしゃると思うので、スルーされる前に、まずは御礼です。注意書き書いてますが、ヤバいと思われたら、下半分の記事はどうかスルーしてください。御礼10/7作業状況の記事で、皆様お優しい言葉を本当にありがとうござい ...

Beach 4.の続きです。間空きまして、すみません。章三の、「恋人だ」発言を受け、目の前のギイは、一瞬固まる。そして、託生を見た。真偽を問うように、切ない目で、嘘だと言ってくれと、まるで訴えかけるように。その瞳に元々嘘をついている良心が痛むが、そもそも彼には助 ...

境界の浸食 3.への拍手ありがとうございました。しのさま、ちーさま、rinさま、コメントありがとうございました。章三と、託生君の初々しい(?)カップルの行く末をどうぞ見守ってやってくださいませ。 あとお詫びなのですが・・・よくよくBeachの妄想を繰り広げてたら ...

キスをしながら、両手を下に滑らせていっても、託生は唇を離さなかった。これは、自分だけの意志ではなく、託生自身も自ら口づけをしているのだ。だめだと言いつつも、もう託生は逃れられないところまで、来ているのだ。下ろした手で腰のくびれを探り当て、その下の小さくま ...

なんだか久しぶりに書きたいギイタクに戻ってきた気がするのは気のせいでしょうか・・・さかのぼってみると、7を書いたのは8月でした~それから色々書いちゃったなぁ・・・みなさま、本当にここに垂れ流してるキワモノ達を読んでくださってありがとうございます。こちらに書 ...

↑このページのトップヘ